テアトルアカデミーオーディション第2次審査の合格率について

この記事では、テアトルアカデミーオーディション第2次審査の合格率について紹介します。

テアトルアカデミーオーディションを受けようか迷っているなら参考にしてください。

 

->>テアトルアカデミー公式サイトはこちら

 

テアトルアカデミーオーディション第2次審査の合格率

テアトルアカデミーオーディション第2次審査の合格率は、およそ25~30%と言われています。

ただ、これはテアトルアカデミーの公式発表ではありません。(芸能プロダクション・養成所が合格率を発表するのは通常ありません。)

 

ただ、テアトルアカデミー東京校のオーディション応募者データについて、以下のような情報が見つかりました。

年月 2015年4月頃 2015年11月頃 2017年2月頃 2017年7月頃 2017年10月頃
第151期生 第153期生 第158期生? 第160期生 第161期生
応募者総数 1,366人 4,611人 4,174人 3,199人 5,364人
一次審査合格者数 114人 567人 748人 666人 1,002人
二次審査合格者数 36人 179人 236人 210人 316人
入学倍率 約38倍 約26倍 約18倍 約15倍 約17倍
最終合格率 約2.6% 約3.9% 約5.7% 約6.6% 約5.9%

 

1次審査・2次審査の両方を合格して、晴れてテアトルアカデミー所属となる方はだいたい100人中2~7人くらいのようですよ。

つまり、合格者は『5%以下の選ばれた人のみ』です。これ、合格したら相当嬉しくなると思いませんか?

 

以下、テアトルアカデミーオーディション参加者の声をピックアップしてみました。

 

 

ツイッター上には不合格を悲しむ声も

ツイッターには「テアトルアカデミーオーディションに合格した!!」と嬉しさのあまりに呟く方は多くいますが、その裏には「多くの不合格者がいること」を忘れてはいけません。

 

人間みんな、「自慢したいことは呟くけど、恥ずかしい失敗談は声を大にして呟かない」もの。

ツイッターアカウントによっては、本人の顔出しをしている場合もあります。そうなると尚更、「オーディションに落ちた…。」なんて呟かないでしょう。

 

結果的に、ツイッター上には「オーディション合格者」の呟きが比較的多くみられます。これを「テアトルアカデミーは受かりやすいんだなぁ」と勘違いしてはいけませんよ。

 

先ほどのデータが示す通り、テアトルアカデミーの最終合格率はたった5%程度なのですから。

 

とはいえ、オーディションは応募してみないと結果はわかりません。どれだけ難しいオーディションでも受けてみたら簡単に合格してしまった…なんてこともゼロでは無いはずです。

 

まずは、アレコレ悩むよりもオーディションに応募して、一歩前に踏み出してみてはいかがでしょうか?悩んでいる『時間』は返ってきませんから。その取り返しのつかない時間を失わないためにも、思い立ったら今すぐチャレンジしてみましょう。

 

テアトルアカデミーオーディションはこちらからチャレンジできますよ。

 

->>テアトルアカデミー公式サイトはこちら

 

テアトルアカデミー合格者にはこんな未来が

テアトルアカデミー所属者は日本テレビやフジテレビなど、テレビ局ドラマへの出演チャンスもあります。

憧れていた芸能界の夢の舞台へ近づきたいなら、テアトルアカデミーを選んで間違いありません。(テアトルアカデミーを選んだあなたの感性は素晴らしいと思いますよ^-^)

 

テアトルアカデミーでの風景

テアトルアカデミーでは、楽しくレッスンに励む姿が日常的にみられます。同じ夢に向かう仲間が沢山見つかることでしょう。

 

 

テアトルアカデミーオーディションはこちらからチャレンジできますよ。

 

->>テアトルアカデミー公式サイトはこちら